水道工事の内容と種類

水道修理の内容は、給水装置の新設であったり壊れた箇所の修理、古い給水装置の撤去など色々と作業内容がありますが、大きく分けると給水管引き込み工事と屋内配管工事の二種類になります。それぞれ細かい内容が異なりますので、依頼する側はそこまで詳しく知る必要がありませんが、知っておくと仕事の内容についてある程度理解する事ができますし、水道修理の料金が適正であるかどうかの判断も付きやすくなります。そのため、水道修理を依頼する場合には、こちらの二種類の施工内容についてそれぞれしっかりと理解しておく必要があります。

■給水管引き込み工事とは

給水管引き込み工事は、家の外にある道路の配水管から家の敷地の中に設置している水道メーターまでの配管の施工です。新築の物件などの場合には、最初は道路にある排水管と家の排水管が繋がっていませんので、こちらの方法の施工内容を行って排水管を繋げる必要があります。こちらの方法で施工をしないと、水が一切使えないという事になってしまいます。
またこちらの施工方法は、戸建ての場合とマンションなどの集合住宅の場合とでは修理内容が違ってきます。戸建ての場合には、道路にある排水管から敷地内のパイプに直接給水する直結式給水方式という方式で水を供給するための施工を行います。それに対してマンションやビルなどの集合住宅や複合施設の場合には、直接排水管に水を供給するのではなく、一旦受水槽に水を供給し、貯水したものを給水するという受水槽式給水方式が採用されています。さらに、受水槽を経由しない代わりに、排水管の内部の水圧を高めることで安定して給水を行う事ができるようになった中高層直結式給水方式のどちらかの方法が使用されます。家を新築するだけでなく、蛇口を増設する時などにもこの作業は必要になります。

■屋内配管工事とは

屋内配管工事は、給水管引き込み工事によって設置された水道メーターから、使用する方が直接水を受け取る事ができる蛇口までの施工になります。一般的な水漏れなどが原因の修理は、屋外が原因である可能性は極めて低くなっていますので、こちらの方法の施工内容が一般的となります。蛇口や給水管、排水管、止水栓などを設置する施工もこちらの施工内容に含まれます。




■まとめ
給水管引き込み工事から屋内配管工事までを一社が請け負い、同時に行う事を給水装置工事と言います。新規で施工をする必要があるのか、既存の水道がトラブルで使えなくなってしまったために行う施工なのかによって、選ぶべき水道修理の種類が異なります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ